写真の容量を小さくする

 

写真をメールに添付して送るとき、その写真の容量が大きいと
送信にも時間がかかりますし、受信する側でも時間がかかります。
プロバイダーによっては3MBまでというような上限の制限があって、
それ以上のメールはエラーとして扱うところもあります。

プロバイダーからのエラーメッセージを見逃すと、送信したつもりでいても
相手には届いていないということになります。

そこで、本日は写真の容量を小さくする方法について説明します。
いろいろな方法があるので、順番に説明します。


■ 縮小専用ソフト(フリーソフト)を使う方法

http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se153674.html

ダウンロードして解凍をすれば、すぐに使えます。無料です。
デスクトップにショートカットのアイコンが作成されます。
使い方は簡単で、写真をドラッグ&ドロップするだけで簡単に縮小できます。
『ファイルサイズを指定』というところで容量を指定しておくと、その容量に
縮小してくれます。
『フォルダを作ってその中に保存』で、デフォルトはResizedになっています。
元の写真が入っていたフォルダの下にResizedというフォルダが作られ、その
中に指定したファイルサイズで元のファイルと同じ名前のファイルが
入っています。

 


■ 画像加工ソフトを使う方法

フォトショップと言った画像加工ソフトを使って縮小することも出来ますが、
ここではWindowsに標準装備されているペイントを使う方法を説明します。

(1)[スタート]-[アクセサリー]の中に[ペイント]がありますからクリック
   して起動します。
(2)ファイルメニューの[開く]から、写真を保存してある場所を指定し、
   加工したい写真を選択して開きます。
(3)[変形(I)]-[伸縮と傾き(S)]をクリックで選択します。
(4)[伸縮]欄の水平方向・垂直方向ともに同じ数値を入力します。
    例:縦横とも半分にしたいときは両方とも50%にします。
    同じ数値にしないと、写真が変形されるので気をつけてください。
(5)[OK]ボタンを押すと、写真が縮小されます。

必ず「名前をつけて保存」で別名で保存してくださいね。


本日はこれにて終了です。